プレスリリース

株式会社カテノイドのプレスリリース一覧

게시물 상세
‘オンラインビデオ物流会社’として飛び立つビデオクラウド企業
作成日 : 2021-02-01ヒット : 204
添付ファイル catenoid_230308.jpg

 


‘オンラインビデオ物流社’として飛び立つビデオクラウド企業

 

コロナ感染大が招いた非面活動は人の生活をえた。

フォラム、セミナなどの業務的な行事を含め、コンサトのようなイベントもライブ配信に代替されている。

ビデオコンテンツがビジネス略の重要な要素として浮上している。

際、モバイルビデオコマスやエンタテインメントコンテンツプラットフォム、オンライン育及び業務環境構築などのビジネスモデルのニズが加している。

このような流れからビデオプラットフォ門企業であるカテノイドがNHN株式社と DTCP(Deutsche Telekom Capital Partners)から略的投資を受けたことに世間が注目している。

 

屈指のオンラインビデオプラットフォム企業、130億ウォン規模の略的投資誘致に成功

 

カテノイドはB2B門オンラインビデオプラットフォム企業だ。クラウド環境で運用するアプリケションサビスを活用したSaaS型で動コンテンツを配信する。YouTubeなど無料プラットフォムで配信することが出ない社コンテンツ共有または講義、映などの有料コンテンツを提供する企業が主な顧客だ。デジタル著作管理(DRM)技術を適用してセキュリティを確保した上に、分散サコンテンツ(CDN)技術とビッグデタ技術を活用したデタ分析サビスを提供することで安全性と品質に優れていると評されている。カテノイドは最近NHNDTCPから130億ウォン規模の略的投資を受けた。ドイツテレコム傘下の投資社であるDTCPが韓で行った最初の投資先となった。カテノイドのキムヒョンソク代表は“NHN, DTCPとの略的投資と事業協力は今後カテノイドのIPOとグロバル略においてとても重要な意味があります。社との協力は国内及びグロバル市場で先導的なビデオプラットフォムサビス提供事業者に成り立つ基盤になることを期待しています。”と表明した。

 

オンラインコマス業界でもビデオストリミングを活用したコマビジネスが爆的な勢いで成長している。特にモバイルコマスにビデオストリミングを結合したMLC(Mobile Live Commerce)の販方式が主流になっている。KYムショッピングはこのような消費トレンドに合わせてオンラインショッピング、動コンテンツ大などのオプンマケット型のMLCプラットフォムサビス需要の加に対応するため、昨年度6月にMLC事業部を新設した。カテノイドはKYムショッピングMLCプラットフォムプロジェクトの主幹事業者に選定され、自社のソリュションである‘コラス(Kollus)’ブイキャスト(v-Cast)’を提供することになった。これにはコマ用コンテンツマネジメントシステムとモバイル向けリアルタイムライブ放送が可能な放送プラットフォ(多重チャンネル配信、視結果分析)なども含まれている。

 

カテノイドはMICE業界向けのオンラインビデオソリュションも提供している。MICE業界行事においてライブ放送中とリアルタイムコミュニケションが必須要素になっている中でより化されたサビス品質と門性が求められている。カテノイドが自開したビデオプラットフォム‘コラス(Kollus)ライブ/VOD’はこのようなニズを解決するソリュションとして注目されている。にカテノイドのコラス(Kollus)ライブ/VODプラットフォムを利用して‘第21際血管生物学総会(IVBM 2020)'が成功裏に開催されていて、昨年9月には立劇の共演をオンラインシネマ形態のVODビスで構築、現在も展開している。他にも様々な企業、自治体、公共機などオンオフラインを複合的に利用するための顧客の問い合わせが相次いでいる。また、カテノイドのキム代表はパトナシップを通して様々なオンラインイベントに最適なプラットフォムを提供する計だと明した。

 

誰でも簡に構築出るオンラインビデオプラットフォムを披露する。

 

分散されたサにコンテンツを保存して送するCDNビスを提供する企業‘シディネットワクス’の副社長で在任したキムヒョンソク代表は国内CDNを導入し、連事業をけている際にオンラインビデオプラットフォ(OVP)の必要性に注目したそうだ。その結果、2014年度に韓最初の商用化OVPリリスという成果を達成した。OVPはリリスした同年度に29億ウォンの上を達成、2017年度83億ウォン、2020年度138億ウォンを達成し、急成長している。

 

育業界に勤めている知人の相談からビデオプラットフォムサビスのアイデアを思い出しました。オンラインで講義を提供したいけど誰にも講義が見られるYouTubeは使いたくない、自社の講義だけ提供できるプラットフォムを作りたいとの話しでした。”

 

に保存されている動を再生するサビスを構築するためには開者の求人から始めてサレンタル、ネットワク構築、プレイなど複な過程が伴う。コンテンツを保存するサとクラウド提供者、コンテンツを送するためにエンコディングするソリュション、送を行うCDN業者、視者が動を再生するためのプレイヤを提供する事業者など、全ての項目に莫大なコストと時間が掛かる。しかもIT門家でなければ理解することすら難しいことだった。そのためキム代表は、家電を使うように、簡なマニュアルを熟知するだけで誰でもサビスが出るようにする事業モデルを考えついた。

 

カテノイドが開したソリュションはサビス提供まで必要なプロセスを一つのプラットフォムに集約させているのが特だ。操作するユインタフェ(UI)を提供するためマニュアルを見ながら簡に活用することができる。サビス提供者にとっては投入するリソスとコストを大幅に減らしていることと、使用した分だけ料金が生するクラウド型サビスであること、少ない予算でもサビスを開始することが出るなどいろいろな側面でメリットがある。キム代表は特に育業界の反響が大きいとえた。メガスタディSTユニタス、ヤナドゥなど韓の大手育企業を含む200社以上の育企業がカテノイドのソリュションを利用している。セキュリティと安定性を求める企業顧客の問い合わせも相次いでいる。CEOからのメッセジを共有したり、機密保持が必要な業務などでカテノイドのソリュションを活用している。Hanhwaグルプ、CJLotteムショッピングなどがその事例である。キム代表は役員を含む創業メンバたちがグロバルCDN事業を展開した経験を持っているためバックエンド技術の重要性も看過せず、積極的に投資を行っている。サビス安定性にわる中核的な要素となる分散ストレジ技術と大容量トラフィック理技術も世界レベルに至っているとのことで、蓄積されたノウハウを通して高品質サビスを具現したと調した。

 

“オンラインとオフラインの産業生態系は思っているより似ている部分が多い。財貨の形が有形か、無形かの差異を除けば財貨の生産、流通する生態系の構造は殆ど同じです。カテノイドはある意味‘オンライン動の物流社’としてセキュリティと安定性を保証する門的なサビスを提供しています。”

 

 

メディア消費パタンの再編、映像コンテンツの成長を確信

 

経営学専攻のキム代表はLG U+の前身であるDACOMで社生活を始めた。‘21世紀は情報通信の時代という先輩の助言で選した社だった。2000年代からインタネットデタセンタ(IDC)、ホスティングサビス、コンテンツ送ネットワ(CDN)などの新技術とプラットフォムの展を経験した門家だ。DACOM調整室で勤めながらIMF危機とスタトアップブムを目した際に自分の能力を試したい悟で大手をめてから全くりのないモバイルソフトウェアベンチャ企業に入社した。業員の給を支給することだけで精一杯だったベンチャ企業での1年間の経験は、想像もできなかった中小企業のしさとやるだけだった自分の能力不足を生しく感する切っ掛けとなったと時を振り返った。しかし時のことはなかなか経験することができない大切な経験だそうで、それからずっと反面師にしているそうだ。以降、シディネットワクスというスタトアップに職したキム代表は逆の経験をすることになる。以前とは違い、成長する企業の典型となる経験をしながら成長する企業こそ直面する課題も経験することができた。このように極端の経験を土台にしてカテノイドを設立しているそうだ。

 

組織のリはライオン群れのリを見習うべきだと思います。メスに比べて怠っているように見えますが、オスのリは常に組織を見守って領域を見回り、群れに脅威が迫っている時には自分の命を掛けています。自身の安全よりは群れのために自ら命を掛ける姿からリの本分が見えます。”

 

キム代表がカテノイドの設立を決心した切っ掛けは‘最近10年間、人間が時間を過ごす方式に起きた巨大な化が決定的な理由だ。10年ほど前から映像にする需要が加して以最近はYouTube, Netflixなどの映像コンテンツ提供産業が主役となってオンライン作業の構が再構築されている。キム代表はこの現象の理由がメディアとして存在する動だけの特にあることを指した。視聴覚を同時に刺激する特によって、動はたくさんの情報量を最も率的にえる媒体であり、身動きが事由な態で情報が得られる側面から見ると情報取得に掛かる努力が最も少ないという相反する特がある。そのため動を通して情報を得ることはい中毒性を持つということだ。映像にする需要が上がっているのは一時的な現象ではなく、メディアをしんで消費する根本的な化だと調した。このように巨大なパラダイムの化が起きているのに、いざとなって映像連の技術を本格的に提供する企業が少ないためチャンスがあると判した。

 

ITを全く分からない人でも動ビスが出るようにすることがカテノイドの目標です。家電と同じく、マニュアルをむだけでITが分からなくても最新のIT技術を使えるようにサポトすることです。サビス利用料金も量制課金で提供することで利用者の負担を最低限に抑えました。”

 

 

グロバル張、IPO…跳躍の年になる2021

 

ディネットワクス副社長として事業を括していた時、キム代表はソウル、東京、上海、北京、ロンドン、パリ、ニュクなど世界主要都市を点とするグロバル経営を担した。グロバル市場を狙う攻的なマケティングはカテノイドの経営方針にもきちんと反映している。カテノイドは始めてのサビスリリスと同時に日本の東京に点を設けた。今年はヨロッパに進出する計だ。ドイツDTCPからの略的投資(SI)もこのような流れから行われた。キム代表はアメリカと中には世界を相手に事業を展開するITビス企業があるけど、未だに韓にはそのような企業が少ない。世界各地の顧客を相手にITビスを提供するグロバル企業を作ることがカテノイドの創業精神だ。”という抱負を披露した。

 

キム代表は年を目指す企業公開(IPO)えた。安定的な成長とビジョン、経営の透明性などに基づく公開企業への換を目前としている。彼は2019年までには公開された資本市場に株を上場することについて責任感と省察をしていたとのことで、みの上で決めたからこそ上場を通して成長と安定を更に固めるつもりだと明した。もう一つの目標は、新しい成長動力の掘にある。ビデオプラットフォムだけの企業ではなく、コラス(Kollus)以外にも多なサビスをリリスして新しい動力を揃えるとのことだ。

 

“カテノイドを設立した最大の理由は、‘偉大な企業’を作ることのみです。短期的な成果に焦ることなく、長期的な目標に向かって挑したいと思います。勢いくグロバル進出とIPO、新成長動力の創出に集中していきます。コロナ事態で加速された巨大なトレンドの化と共に、カテノイドは人の生活に必須的な企業として成長すると期待しています。”

 

キム代表はカテノイドという企業の方向性について確固たる信念を持っていた。“個別企業としてのカテノイドには成功も失敗もあり得る話しです。それでも我が進めていく事業の方向は失敗することはなく、我が作り上げる企業の姿はそれだけで存在の意味があります。”とえた。 世界へ飛び出すカテノイドの旅程に拍手を送る。

 

前へ (DTCP), 韓国初の投資対象としてカテノイドを選定、IPO推進に協力
次の記事 非対面アンタクト時代、‘カテノイド’ MICE業界にオンラインビデオソリューション提供
TOP

Sitemap닫기

事業領域
ビデオストリーミングプラットフォーム
メディア資産管理プラットフォーム
パートナー
ソリューション
サポートサイト
お問い合わせ
カテノイド
会社紹介
⁠顧客価値