プレスリリース

株式会社カテノイドのプレスリリース一覧

게시물 상세
カテノイド、KOBA 2022 参加...企業のデジタル転換を支援
作成日 : 2022-06-16ヒット : 100
添付ファイル カテノイドKOBA 2022.jpg

 

- 放送・メディア関連企業のデジタル革新のためのVTaaSプラットフォームを紹介

- 映像コンテンツを活用したビジネスを支援するプラットフォームとサービスも提供予定

- 展示会参加キャンペーン開催、27日までブース訪問事前登録イベント実施


韓国最大規模のサービス型ビデオテクノロジー(Video Technology as a Service, VTaaS)企業カテノイド(代表 キム・ヒョンソク)が第30回国際放送・メディア・音響・照明展示会(Korea International Broadcasting, Media, Audio & Lighting Show, KOBA 2022)に参加することを16日に発表した。


韓国E&EXと韓国放送技術人連合会が共同主催するKOBA 2022は6月29日から7月1日までソウル国際貿易センター(KOEX)で開催される。‘Media, Waves of Innovation’を主題として開催される今回の展示会には、様々な分野の情報通信技術(ICT)が披露され、放送市場と各技術が融合した新しい方向性を提示する予定だ。


カテノイドのKOBA展示ブースで紹介する ‘ルームエックス(LoomEX)’はオンライン基盤コンテンツ消費が主流となった市場の動きに対応する企業のデジタルトランスフォーメーションのためのメディア資産管理プラットフォームである。従来のオンプレミス(On-premise, 構築型)と今年リリースしたクラウド基盤のSaaS型サービスを通して、オンラインに再編されたメディア環境に対応可能な最適なソリューションを提示している。


カテノイドは産業全般において動画の活用が拡大されていることで様々な業界へのデジタル転換サービスを提供している。カテノイドのKOBA展示ブースでは▲非対面業務とオンラインビジネスを支援する ‘コーラスVOD’, ▲オン・オフラインが融合されたハイブリッドビジネスのための ‘コーラスライブ’, ▲新しい形の放送、ライブコマースのための ‘コーラスライブコマース’など様々なプラットフォーム及び関連サービスも紹介している。


カテノイドは今回の展示参加キャンペーンとしてブース訪問の事前登録イベントを実施する。27日までカテノイド公式ホームページから展示会ブース訪問を事前に予約し、ブースに訪問した顧客に先着順でノベルティを贈呈する。展示期間中にアンケートに参加した顧客向けのイベントも用意している。


カテノイドのキム・ヒョンソク代表は “事業全般でデジタル転換が加速され、動画コンテンツが活用される領域と市場が拡大している流れになっている。今回展示会参加を通して企業のデジタル革新のためのVTaaSプラットフォームを紹介し、より多くの企業が新たなデジタル環境に柔軟に対応できるように支援させていただくことを期待する”と伝えた。


前へ カテノイド、イーコマースソリューション企業提携でコマース業界攻略に拍車
次の記事 カテノイド、AWSパートナーソフトウェアパス認定を取得
TOP

Sitemap닫기

事業領域
ビデオストリーミングプラットフォーム
メディア資産管理プラットフォーム
パートナー
ソリューション
サポートサイト
お問い合わせ
カテノイド
会社紹介
⁠顧客価値