プレスリリース

株式会社カテノイドのプレスリリース一覧

게시물 상세
カテノイド、AWSパートナーソフトウェアパス認定を取得
作成日 : 2022-05-25ヒット : 92
添付ファイル [이미지] 카테노이드 AWS 파트너 소프트웨어 패스 인증 획득_0525.jpg

- SaaS型ルームエックス、AWSソフトウェア技術検証完了

- 韓国及びグローバル企業顧客向けの最適なソリューション提供基盤を構築


サービス型ビデオテクノロジー(Video Technology as a Service)企業カテノイド(代表 キム・ヒョンソク)がアマゾンウェブサービス(Amazon Web Services, 以下 AWS)のパートナーソフトウェアパス(AWS Partner Path)認定を取得したことを25日に発表した。


‘AWSパートナーパス’はAWSとパートナー社の柔軟な協力関係を支援する協力モデルで、今年の2月に構成が改編された。様々なパートナーの顧客運用を支援及び強化するためにAWSパートナーネットワーク(AWS Partner Network, APN)に登録されたパートナーが対象となり、専用パートナーポータル提供、教育割引、ビジネス及び技術支援コンテンツ、プログラム及び該当製品に関する特典を提供する。カテノイドは5種類のAWSパートナーパスの中でソフトウェアパス(Software Path)認証を取得した。


カテノイドはAWSパートナーソフトウェアパス認証取得のためにAWSパートナーのSaaS移管をサポートする ‘AWS SaaS ファクトリー(AWS SaaS Factory) プログラム’を活用して自社のメディア資産管理プラットフォーム ‘ルームエックス(Loomex)’のSaaS型サービスを最適化し、基本技術検証(FTR, Foundation Technical Review)を実施して該当オファリングに対する ‘AWS 認証ソフトウェア(AWS Qualified Software)’バッジを取得した。


ルームエックスは動画、イメージ、音源などのコンテンツをメディア資産として運用する企業向けのサービスで、自社の資産をYoutube, SNS, FacebookなどのSNSまたはIPTV, OTTなど様々なサービスと媒体に配布することが出来るメディア資産管理プラットフォームだ。2018年に構築型サービスで公開したルームエックスは、3月にAWS基盤のSaaS型サービスをリリースした。



カテノイドは今回のAWSパートナーソフトウェアパス認証を取得することでSaaS型ルームエックスのセキュリティ、安定性、プロセス最適化などソフトウェアの技術検証を完了した。また、今後自社のSaaSビジネス運用に必要なAWSのソフトウェアやデータ、サービスなどを購入・配布管理する資格も得た。


カテノイドはまた、“AWS パートナーソフトウェアパス認証を通してクラウド基盤のメディア資産管理ソリューションの導入を検討する企業顧客により安定的なサービスを提供することができるようになった。今後AWSパートナーとして協力関係を更に発展させて様々な領域でSaaSビジネスの成長を模索する計画だ"と伝えた。

前へ カテノイド、KOBA 2022 参加...企業のデジタル転換を支援
次の記事 カテノイド、メディア資産管理プラットフォームのブランド名を'ルームエックス'に変更
TOP

Sitemap닫기

事業領域
ビデオストリーミングプラットフォーム
メディア資産管理プラットフォーム
パートナー
ソリューション
サポートサイト
お問い合わせ
カテノイド
会社紹介
⁠顧客価値