プレスリリース

株式会社カテノイドのプレスリリース一覧

게시물 상세
カテノイド、'ライブコマースプラットフォーム' NHNクラウドのマーケットプレイスに登録
作成日 : 2021-08-30ヒット : 202
添付ファイル 001_resizing.jpg

 

サービス型ビデオテクノロジー(Video Technology as a Service, VTaaS)企業カテノイド(代表 キム・ヒョンソク)がSaaS(Software as a Service)型のコーラスライブコマース(Kollus Live Commerce)サービスを開始すると発表した。


モバイル端末に慣れている消費者との接点を拡大し差別化されたショッピング経験を提供するため、カテノイドはライブコマースプラットフォームを開発した。今年‘KYショッピング’を初めに、自社ブランドを運用しているコマース企業たちが手軽にサービスを構築できるクラウド型ライブコマースプラットフォームをNHNクラウドのマーケットプレイスを通して公開している。


コーラスライブコマース(Kollus Live Commerce)は安定性が優れているNHNクラウド基盤のSaaS型サービスで既に多くの企業が利用しているマーケットプレイスに登録しているため接近性がよく、手軽に導入することができる。

SaaS型コーラスライブコマース(Kollus Live Commerce)はNHNクラウドを基盤としたサービスの安定性と利便性を保っており、多くの流通企業のニーズを十分に満たすことができるサービスだ。


新型コロナウイルス感染拡大によりオンライン放送基盤の‘ライブコマース’がショッピングの主流となったため既存の流通業者は本格的にサービスを拡大する機会を迎えている。特に大手流通企業はライブコマース導入への動きが早い。しかし中小規模の流通企業はライブコマースプラットフォーム構築に技術的・コスト的な側面で障壁が存在する。 


コーラスライブコマース(Kollus Live Commerce)はこのように自社サービスの構築が厳しい企業が手軽にサービスを構築/運用することが出来るSaaS型サービスに重点を置いた。自社ブランドのショッピングサイトを運用中の企業または新規でオンライン販売サービスを展開する企業がターゲットで、中小規模の企業顧客が多くなると見込んでいる。 また、iOS/Android ライブ送出アプリとHTML5ライブプレイヤーを提供していて販売者と購入者はネットワークとデバイス環境に関わらず円滑にサービスを利用することができる。オンラインライブスタジオを通して販売・在庫状況の把握やチャット・放送画面などのサービスモニタリングも可能だ。


カテノイドのカン・ベキョン理事は “コンテンツ企画及び制作、マーケティング、コンサルティング、デザイン、スタジオなどライブコマース事業に必要なITアウトソーシングサービスをワンストップで提供することを目標としている。”と表明した。


一方、カテノイドは今年の9月を目途に上場を控えており、直近3年間(2018~2020)の平均成長率166%を達成して着実に成長している。韓国を含め海外B2B(企業取引)メディア市場でも成長が期待される企業として評価されている。


前へ カテノイド、日本向けライブポータルサービス‘LiveEnter’リリース
次の記事 GS ITM-カテノイド、メディア事業強化のためのMOU締結
TOP

Sitemap닫기

事業領域
ビデオストリーミングプラットフォーム
メディア資産管理プラットフォーム
パートナー
ソリューション
サポートサイト
お問い合わせ
カテノイド
会社紹介
⁠顧客価値