プレスリリース

株式会社カテノイドのプレスリリース一覧

게시물 상세
非対面アンタクト時代、‘カテノイド’ MICE業界にオンラインビデオソリューション提供
作成日 : 2020-09-25ヒット : 60
添付ファイル IVBM2020.jpg

 

アンタクト、非対面生活が長期化することでMICE業界(会議、インセンティブ旅行、コンベンション、展示/イベント)にも変化が起きている。特にフォーラムやセミナーなど、既存の対面行事を専門とするPCO(国際会議専門企画社)や関連従事者にはオンラインサービスに対する知識は必須的に求められる。


•MICE : Meeting:-会議, Incentives Travel:インセンティブ旅行, Conventions: コンベンション, Exhibitions/Events:展示/イベントの略称で関連産業分野

•PCO: Professional Convention Organizers -国際会議専門の企画社でMICE産業に含まれる職種


既にMICE業界の行事においてライブ放送中継とリアルタイムコミュニケーションが重要な要素となっている。最近その回数と頻度が更に増加している状況で、より強化されたサービス品質と専門性が要求されている。


実際にライブストリーミングサービスを提供した事例から見ると、海外視聴者向けのグローバルCDNサービスの導入、ストリーミング品質とモニタリングのコンサルティング、時差やその他の理由でライブストリーミングの視聴が出来ない視聴者向けの再放送に必要なVODファイルとプログラムの編成・送出するファイルライブ(File To Live)機能、コミュニケーションに使用するチャット・コメント・アンケート連係の技術コンサルティングを要求された。

また、非公開及び有料イベントの場合には該当コンテンツへのアクセスが承認されたユーザーのみが利用出来るセキュリティプラットフォームの適用とキャンペーン・イベント用に活用するコンテンツの管理システムも必要だ。


MICE業界でこのような要求が溜まっていく中でカテノイドのコーラスライブ/VODプラットフォームがいい評判を受けている。


最近開催された<第21回 国際血管生物学総会: IVBM 2020>ではLIVEとVODストリーミングサービスにコーラスを含む様々なプラットフォームたちの機能が適用された。主催側の要求として最も強調したのが未発表の最新研究資料のVODをオンライン会議で使用する際にセキュリティが担保されることだったため、コンテンツ保護技術とセキュリティプレイヤーを導入して成功裏に総会を開催することが出来た。

 

また、<国立劇団>(https://www.ntck.or.kr/ko/performance/info/256956)も主要な公演をVODで提供するサービスを展開する予定だ。 


カテノイドのカン・ペキョン理事は"既存オフラインイベントをオンラインで100%同じ形態で具現することは難しいが、連係するプラットフォームの数と種類を増やせば具現の水準を上げることができる。カテノイドは様々なパートナーシップを通してオンラインイベントに関するMICE業界の要求に対応できる最適なプラットフォームを提供する計画だ。"と伝えた。


前へ ‘オンラインビデオ物流会社’として飛び立つビデオクラウド企業
次の記事 [CEOレポート] カテノイドのキム・ヒョンソク代表 “SaaS型ビデオ転送でセキュリティ・速度を同時に掴む”
TOP

Sitemap닫기

事業領域
ビデオストリーミングプラットフォーム
メディア資産管理プラットフォーム
パートナー
ソリューション
サポートサイト
お問い合わせ
カテノイド
会社紹介
⁠顧客価値